絵を描くことや粘土などで造形表現を楽しむことには「脳を活性化する力」「気持ちを解放する力」があります。美術が本来もっているこのような力を社会に役立てるのが「臨床美術士(クリニカルアーティスト)」の仕事です。臨床美術士養成講座では、子どもたちの感性を磨くため、メンタルヘルスケアや認知症の予防・症状のケアを行うため、独自に開発されたアートプログラムを行う専門家を養成します。臨床美術士は、教育・産業・福祉など多様な場面で活躍しています。臨床美術士(クリニカルアーティスト)を目指す全ての方は、まず臨床美術の基礎を学ぶ5級取得コースの受講から始まります。通信講座もご用意しています。

コース概要

臨床美術の入り口を短期間で学ぶ基礎コースです。「美術が苦手」という方でも意識が大きく変わります。

5級取得コースは、臨床美術の基本的な知識や根幹となる考え方を学ぶ時間、創作の楽しさを体感する制作の時間、アートを通したコミュニケーションを体験する時間、そしてワークショップスキルを学ぶロールプレイングの時間という、理論と実技の両面から臨床美術の入り口を学ぶことができる基礎コースです。心の健康づくりにすぐに役立つ、アートを通した実践的スキルとマインドの基礎を身につけることができます。

  • 作品例
  • 授業風景
  • 作品例

~こんな方が学ばれています~

  • プロの臨床美術士を目指す方
  • 保育士・介護福祉士・作業療法士など介護/福祉関連の資格をお持ちの方
  • 教職員の方、職場のメンタルヘルスケアに生かせる資格をお探しの方
  • リタイア後の社会参加のきっかけをお探しの方
  • ボランティア活動をされている方
  • ご家族の心身のケアに役立てたい方

受講対象

臨床美術士養成講座を初めて受講する方

開講場所

芸術造形研究所 東京校

※地方会場での開講につきましては、新着情報をご確認いただくか、お問合せください。

東京校スケジュール

受講料

167,240円(税込合計金額)

内訳
● 授業料:118,800円
● 教材費:7,344円
● テキスト代:6,696円
● NPO法人日本臨床美術協会にかかる費用
  • ┝ 入会金:2,000円
  • ┝ 初年度年会費:10,800円
  • ┕ 資格認定試験料:21,600円
  • ※消費税は8%で算出しております。消費税率の改正が行われた場合には、講座開始日の税率によって、受講料をお支払いいただく事になります。
  • ※資格維持のために日本臨床美術協会年会費は毎年納入する必要があります。

認定試験

5級取得コース修了後、日本臨床美術協会による書類審査を経て、臨床美術士5級として認定されます。
臨床美術士資格認定には日本臨床美術協会資格認定会員になることが前提となります。また、5年ごとに資格更新の手続きが必要です。詳しくは日本臨床美術協会WEBサイトをご覧ください。

日本臨床美術協会WEBサイト

資料請求はコチラ

お申込みはコチラ ※お電話・Eメールでのお申込みも承っております。

5級科目一覧

臨床美術・基幹Ⅰ/存在論的人間観/臨床美術入門Ⅰ/臨床美術・コミュニケーションⅠ/臨床美術実践の基礎

  • りんごの量感画
    りんごの量感画
  • 紙素材でつくるかぼちゃ
    紙素材でつくるかぼちゃ
  • さつまいもの量感画
    さつまいもの量感画

受講生の声

  • 初めて体験した絵を描くことの楽しさ、時間を忘れるほどでした。
  • 人をありのまま受け止める、人の存在をうれしいと感じる心を持つことで日常の風景がガラッと変わったようでした。
  • アートを介して、人とのコミュニケーションが学べるなんて、びっくりです。
  • 自分自身の生き方にもプラスになる、そんな内容でした。
  • 学んでみて、実に楽しい!そしてこだわらないでありのままの自分を出せる素晴らしさに感動しました。

進級の流れ

臨床美術士5級取得コースを修了し、資格取得後は、
みなさんの活動目的に合わせて4級から2級取得コースまで進級することができます。

  1. 5級取得コース短期間で臨床美術の入り口を学ぶ
    基礎コース
  2. 4級取得コースプロへの第一歩を踏み出すための
    実践コース
  3. 3級取得コース深い理解と幅広い対応力を体得する
    プロフェッショナルコース
  4. 2級取得コース高い専門性を確立する
    エキスパートコース

各資格取得コースに加え、表現力の向上や、知識を吸収し学びを深めることができるよう、
研修会・各種講座を受講することができます。