臨床心理士養成講座

絵を描くことや粘土などで造形をたのしむことには「脳を活性化する力」「心を癒す力」があります。美術が本来もっているこのような力を、社会に役立てるのが「臨床美術士(クリニカルアーティスト)」の仕事です。子どもたちの感性を磨くため、個人の能力開発のため、また、メンタルヘルスケアや認知症の予防・症状のケアを行うため独自に開発されたアートプログラムを行う専門家である臨床美術士を養成する講座です。教育、産業、福祉など多様な場面で臨床美術士が活躍する機会が増えています。

臨床美術とは

各コースのご紹介

臨床美術士(クリニカルアーティスト)を目指す全ての方は、まず臨床美術の基礎を学べる5級コースを受講し、資格を取得することから始まります。その後は、それぞれの方の目的や目標、将来設計に合わせて4級~2級コースまで進んでいくことができます。このほか、個々の表現力を磨くことができるコースや、臨床美術のより深い理解に必要な知識を修得できる特別講座、定期的なアートプログラム研修会など、資格取得後に役立つ実践的なサポートプログラムを取り揃え、みなさんの活動をバックアップします。

  • 5級取得コース【短期間で臨床美術の入り口を学ぶ基礎コース】美術の経験の有無にかかわらず、臨床美術のエッセンスを短期間で学び、基本画材となる「オイルパステル」を使った基本的なアートプログラムを実践できる力をつけていきます。
  • 4級取得コース【プロへの第一歩を踏み出すための実践コース】知識と技能を深め、臨床美術士として積極的に活動できる力を身につけます。実技では、オイルパステル、水彩、アクリルなどによる幅広い表現方法を学習します。また、実際に高齢者や子どもを対象にした実習を行うなど、現場により適応できる実践力を養います。
  • 3級取得コース【深い理解と幅広い対応力を体得するプロフェッショナルコース】プロの臨床美術士として活躍できる実力を養います。臨床美術を実践できるだけではなく、現場におけるリーダー的存在としての臨床美術士育成を目指します。

その他講座

養成講座各コースに加え表現力を磨いたり、知識を吸収し深めることができるように各種講座・研修会をご用意しています。

※受講されている取得コースにより必須科目となっている講座があります。

※「感性アートゼミ」は一般の方が受講可能な講座です。

  • 感性アートゼミ 感性に基づいた高い表現力を身につけます
  • アトリエ 一回ごとの受講が可能な臨床美術士のためのアートプログラムです
  • 特別講座 臨床美術士として必要な知識を学びます
  • 研修会/講座 養成講座受講生(3~5級)を対象とした各種研修プログラムです