臨床美術とは

「芸術」とは、見るもの、鑑賞するだけのものと思いこんでいませんか。絵を描いたりオブジェを作るといった創作活動は、「芸術家」だけに許されたものではありません。オリジナリティーや創造性は、高齢者から児童まで私たち一人ひとり、だれもが本来もっているものです。心の中にある想いを、思い切り創作活動にぶつけることで、人々の心は解放されていきます。また、創作活動には「脳」の活動が伴います。

1996年。創作活動を通じて脳の働きを活性化させることが、高齢者の認知症ケアに役立つのではないかと…という発想から、故・金子健二(彫刻家)等の手によって臨床美術は誕生しました。

現在、独自に開発したアートプログラムメソッド=「臨床美術(クリニカルアート)」と、脳の働き、認知症に対する効果等について、東北福祉大学感性福祉研究所やさまざまな医療機関で検証が行われ、科学的な裏付けも整いつつあります。
その一方、臨床美術を取り入れた認知症ケアを行う自治体や高齢者施設は全国に広がっています。創造性を開花させるという目的から、児童や子供たちの美術教育に臨床美術を取り入れる幼稚園、小学校の数も増えています。それに、臨床美術の一つの特徴である「心の解放」という視点から、企業がメンタルヘルスケアとして導入するなど、社会の多様な場面で臨床美術による効果に期待が寄せられています。

臨床美術では、独自のアートプログラムに沿って絵を描く、オブジェを作るなどの創作活動によって脳を活性化します。制作が終わると、参加者全員の作品を並べて語り合う鑑賞会があり、ここまでがひとつの流れとなっています。この一連のプロセスを私たちは「セッション」と呼んでいます。このセッションに一定期間参加し創作活動に取り組むことにより、参加者の集中力や意欲の向上、感情面での安定、社会性の改善などに効果が期待できます。
また、体験した方の多くが日々の生活の満足度(QOL)が上がったことを実感しています。現在では、認知症予防や症状改善だけでなく、子どもや社会人、高齢者までと幅広い世代の方々に向けても実践されています。この臨床美術を行う人が「臨床美術士(クリニカルアーティスト)」です。

無料ワークショップはこちら

臨床美術士とは

臨床美術の広がりにつれて、これを実施するスペシャリストの養成が、芸術造形研究所をはじめ、大学、自治体主催講座ですすめられています。

臨床美術士とは、臨床美術士養成講座の各資格取得コース(5級~2級)を受講し、芸術的手法、コミュニケーション術、多様性を享受するマインドなど、臨床美術に必要な知識と技能を体系的に学び習得した専門家です。
そして、心からのコミュニケーションによって共に制作の時間を過ごし、その人ならではの作品作りをサポートします。
現在、医療・リハビリテーションの現場、高齢者・児童福祉事業、青少年向け感性教育、企業でのメンタルヘルス対策、福利厚生事業など、多彩な分野で臨床美術士の活躍の場が拡がっています。

臨床美術士養成講座はこちら