5級取得コース -キャリアパス-

  • 募集要項
  • 講座スケジュール(通学)※PDFが開きます
  • カリキュラム
  • キャリアパス
  • 通信教育

臨床美術士5級を取得してできること

臨床美術士養成講座5級を修了後、日本臨床美術協会による書類審査を経て、臨床美術士5級として認定されます。
5級を取得した方は、クリニカルアーティストとしてより積極的に活動していくために必要な知識と技能を深め、継続的に臨床美術を実践していく力を養うことを目的とした、4級取得コースへ進むことができます。

認定の位置づけと認定方法

5級の位置づけ

5級取得コースを修了し、臨床美術の入門的内容を理解していることにより、指定のアートプログラム使用に限り、無償で臨床美術を実施することができます。

※臨床美術実施による報酬を受けるには、4級以上を取得する必要があります。

認定方法

認定級を取得するためには日本臨床美術協会への申請・手続きが必要です。認定には資格認定会員になることが前提となります。2011年度より資格更新制度が導入されています。
詳しくは日本臨床美術協会のウェブサイトをご覧ください。

●認定申請資格
指定の養成講座を受講し、指定校の修了要件を満たすこと。
(大学においては、単位を取得した上で担当講師による修了証明を得ること)。

●認定試験の内容
書類審査

5級コース受講生の声

初めて体験した絵を描くことの楽しさ、時間を忘れるほどでした。

人をありのまま受け止める、人の存在をうれしいと感じる心を持つことで日常の風景がガラッと変わったようでした。

アートを介して、人とのコミュニケーションが学べるなんて、びっくりです。

自分自身の生き方にもプラスになる、そんな内容でした。

学んでみて、実に楽しい!そしてこだわらないでありのままの自分を出せる素晴らしさに感動しました。

5級コース講師からのメッセージ

5級では、臨床美術がどのような考え方で実施されているのか基礎を学びます。
一人ひとりの個性が活かされ尊重される美術。美術を通した自己表現やコミュニケーション術を共に学び、あなたの"今"に、新たな魅力をプラスしませんか?